八街市交通事故治療ブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

事故の加害者になってしまったら|八街市

皆様こんにちは!
八街市交通事故治療・むちうち.comです。
9月に入り、今朝は少し秋を感じさせる陽気ですね。
これから少しづつ暑さも和らいでいくと良いのですが、、

さて、本日の八街市交通事故治療・むちうち.comでは
突然の交通事故に遭ってしまい、
加害者となってしまった際の対応について
触れてみたいと思います。

突然の交通事故に遭ってしまう可能性は
誰しもが持っています。
それと同時に、ご自身が加害者となって
しまう可能性も少なからずあるのです。
普段からそのことを念頭に置いて、
運転をされている方も多いとは思いますが
もし自動車事故の加害者となってしまったら?
もし、相手の方にケガをさせてしまったら?


その時に、どんな対応をすれば良いのか
という事を知っておくことで、
突然の交通事故の際の手助けとなるのではないでしょうか?

まずは事故によってケガをされた方がいた場合には
その方の救護を最優先にしなければなりません。
もし、救急車が必要な場合には
迷わずに助けを呼びましょう。

もしその際に、
相手の方のケガを軽度のものと勝手な判断をおこない
その場を立ち去ってしまった場合には
ひき逃げとみなされ、罰則となる場合もあります。
必ず相手の方の、ケガの確認はおこないましょう。

もし、事故車両が動かせる状態であれば
路肩に止めておき、
もし動かすことができないくらいの損傷であれば
停止表示器材を置き、発煙筒などの使用で
事故の発生を知らせます

そして、つぎに警察署、交番などへ事故の連絡を入れるのですが、
この時に伝えることは

・誰が事故にあったのか
・何時に事故が発生したか
・どこで事故が発生したか
・けが人はいるのか
・けが人がもしいるのなら、どの位のケガなのか
・事故の状況はどんなものであったか

を伝えましょう。

そして、可能であれば
相手の方のご連絡先、住所、勤務先、保険の加入状況の確認
もおこなっておきましょう。

事故直後は、これらの事をおこない
警察が現場に到着するまでの間に
目撃者の確保、現場の状況を写真におさめておきましょう。
近年では、スマートフォンの普及によって
状況証拠を残しやすくなっていますので
これらも活用しましょう。

また、どうしても人間ですから、
事故発生からしばらくしますと、
記憶が薄れてしまいますので
事故後の記録をボイスメモとして残しておくことも大切です。

その後、ご自身の加入している保険会社への連絡を入れます。
被害者へのお見舞いは、
誠意が伝わるよう、必ず行きましょう。
その時の対応などどうしたら良いのかわからない場合には、
保険会社担当の方へ伺いながら行いましょう。
示談交渉などを、保険会社の方抜きで行うことはしないようにしましょう。
それから、示談、調停、裁判などで
事故の解決へと進んでいくことになります。

八街市交通事故治療・むちうち.com

八街市にある店舗のご案内
TOPへ戻る

メディア紹介

ひよこクラブ

「産後骨盤矯正」が得意な当グループの記事が掲載されました。


交通事故対応マニュアル

全国の整骨院で交通事故優良実施院として43000院を抑え選ばれた47院!


週刊文春

交通事故治療において「優良施術院」に選ばれ記事が掲載されました。